地域医療ならではの「きめ細かく、質の高いサービス」と「安心・安全」を常に皆様にご提供することを目指しています。

大髙在宅ケアクリニックの訪問診療について

◇加齢に伴う心身機能の低下や病気・怪我の後遺症などにより通院することが難しい方のもとへ、医師と看護師が定期的に訪問して診療いたします。
◇急な体調変化の際は臨時往診・緊急往診(24時間365日)を行うほか、入院治療が必要な場合は適切な病院をご紹介いたします。
◇院内外の多職種チーム間で緊密な連携を図り、みなさまが住み慣れた場所で安心して療養できるようサポートいたします。

当院の訪問診療でできること

治療

  • 通常診察
  • 系列診療所との連携による24時間365日対応
  • 薬の処方
  • 点滴
  • 注射(インフルエンザ予防接種・肺炎球菌ワクチンを含む)
  • 尿道留置カテーテルの交換
  • 経管栄養管理(胃ろう・腸ろう・経鼻栄養)
  • 在宅中心静脈栄養管理
  • 在宅酸素療法
  • 褥瘡治療
  • 在宅がん緩和ケア(疼痛緩和:経口剤、貼付剤、PCAポンプ等による持続皮下注入など)
  • 在宅での「看取り」

など

検査

  • 血液検査
  • 尿 , 便 , 痰検査
  • 心電図検査

など

相談

  • 看護師による医療手技指導や療養生活相談
  • 管理栄養士による栄養相談

など

当院の特色

院長の大高医師は内科・緩和ケア領域を専門としておりますが、在宅療養中の患者様は複数の疾患をお持ちの方が多いため、内科一般に加え、寝たきりの方などに多い褥瘡(床ずれ)の予防と治療、骨粗鬆症や認知症への対応など全般的に診療しております。

また、当法人には皮膚科の非常勤医も在籍しており、必要に応じて、皮膚科専門医による「往診」も行っております。さらに整形外科や歯科などの専門科往診を要する方の場合には他医療機関の往診医をご紹介することもあります。その他、CTやMRIなどの画像診断や専門科医による診察が必要な場合は、適切な医療機関を適宜ご案内しています。

なお、当院では医師の訪問に看護師が同行いたします。看護師は、診療補助のほか、療養生活全般の相談支援や最適なケア方法・手段の提案、情報共有・療養環境整備などのための多職種・多事業所間連携(連絡・調整)等も積極的に行っております。また、当院には管理栄養士も在籍しており、患者様の「食べたい想い」をサポートしています。

当院では医師による診療のみならず、院内外の関係職種がチームとなり、患者様・ご家族の「療養」「生活」を支援できるよう心がけています。

訪問診療を検討している みなさまへ

在宅での療養生活は、住み慣れた環境の中、患者様がご自身のライフスタイルに合わせ、ご自分のペースで日々を送られたり、大切なご家族やご友人たちとともにお過ごしいただけるという利点がある一方で、在宅ならではの様々な制約や負担も起こりえます。

在宅では介護保険など各種サービスをご利用いただけますが、ご病状が重くなるにつれ、各種サービスのみではカバーできない部分については、ご家族など近しい方に見守りや介護など何らかの形でケアの一端を担っていただかなくてはならないことがあるかもしれません。また、サービス事業所から患者様宅まで物理的な距離もあるため、入院病棟のような迅速な対応は難しい環境とも言えます。これらの制約による様々な負担が、患者様やご家族の意思決定に大きく作用することも少なくありません。

できるだけ長く在宅で過ごしたい、最期まで在宅での生活を継続したいと思っている方々が、それらの制約により、在宅生活を放棄せざるを得ないのはとても切ないことです。

私たちは、院内外の関連職種による連携の下、みなさまが在宅生活を送る上での不安や気がかり、苦しみ、ご負担に焦点を当て、それらを緩和するための方策を日々模索しています。ご病気があったり、介護を必要とする状態で日々の在宅生活を送ることにいろいろとご不安やお悩みがあるかもしれません。私たちは、あなたやあなたのかけがえのない方にとって、安心でき心地よく過ごせる「在宅療養生活」をともに築いていきたいと願っておりますので、日々の想いを私たちにぜひお話しいただけると幸いです。

緊急時対応について

患者様やご家族が安心してお過ごしいただけるよう、当院は同法人内の訪問診療クリニックと連携し、夜間・日曜の当直体制を敷くことで、24時間365日、在宅患者様の電話相談や臨時・緊急往診の対応を行っております。また、入院が必要になった場合は、ご病状や状況に応じて、入院可能な医療機関を適宜ご案内いたしております。

よくある質問集

訪問診療のシステムについて

◇「往診」と「訪問診療」って何が違うの?
風邪を引いて寝込んだ時などに、かかりつけの開業医の先生に臨時で来てもらい自宅で診察を受けたというご経験がある方もいらっしゃるかもしれません。このように「体調が悪い時のみ診察に来てもらう=患家の求めに応じて医師が訪問すること」を「往診」と言います。
それに対し、「訪問診療」は、「定期的かつ継続的な医療管理が必要であるにも関わらず、外来通院ができない方」が対象で、それぞれの患者様の病態に応じて医師が治療計画を立て、定期的に訪問して診療を行うことです。
当院では、かかりつけ患者様の体調または容態が変化した際、臨時往診・緊急往診も行っています。
※既往や現在の治療内容等が分からないと適切な対応を行うことが難しいことがあるため、当院かかりつけ以外の方の「(臨時・緊急)往診」はお受けいたしておりません。

◇訪問診療って、いくらくらいかかるの?
医療保険1割負担でご自宅にお住いの方の場合、概ね月2回 で6,000~7,000円前後、月4回で8,000~9,000円前後とご説明をしておりますが、患者様のご病状や訪問回数、健康保険証の負担割合、公費助成の有無、医療機器の有無など各種条件により、月々のお支払い金額それぞれ異なります
また、介護保険のサービスをご利用されている方の場合、「居宅療養管理指導費」も併せてご請求させていただいております。
厚生労働省の定める算定基準により、訪問診療は外来診療よりも費用がかかることが多いため、ご料金の目安につきましては事前にご説明をいたしております。当院までお気軽にお問合せください。

◇入院が必要になったら、大髙在宅ケアクリニックに入院できるの?
当院は入院ベッドを持たない無床診療所のため、入院治療が必要な場合、基本的には個々の患者様のかかりつけ病院や入院歴のある病院へ入院の依頼をしております。しかし、そのような病院がない方やかかりつけ病院での入院が難しい方の場合は、患者様・ご家族のご意向や病状に応じた医療機関をご案内しています。
現在、葛飾・江戸川・墨田区内にある7ヶ所の急性期病院が当院の協力連携医療機関となっていますが、それ以外の医療機関とも積極的に病診連携・診診連携を図り、迅速かつ円滑な入退院調整に努めております。

◇訪問診療を利用することで今までのかかりつけ病院と縁が切れてしまうのではないか・・・
当院は無床診療所のため、入院治療やCT・MRIなどの画像診断等が必要な場合は、もともとのかかりつけ病院にお願いすることも少なくありません。
また、外来診療から訪問診療に完全切り替えをされる方ばかりでなく、大学病院等の専門科外来に継続通院をしながら、当院の訪問診療を受けている方もおられます。原疾患については従来通り専門科外来の先生に、症状緩和や体調管理は在宅医に・・・と、診療の役割分担をすることで、他病院の先生と「併診」させていただくこともあります。
私たちとしても患者様とかかりつけ病院とのご縁は大切にしていきたいと考えておりますので、ご安心ください。

◇訪問診療はどのように申し込めば良いの?

お申込み方法

在宅療養についての不安など

◇在宅療養を選択したら、絶対に最期まで自宅で過ごさなくてはいけないの?
そんなことはありません。ご病状や療養環境の変化に伴い、患者様やご家族のお気持ちは常に揺れ動くものであると思います。私たちは、患者様が最期まで自分らしく「生」を送るうえで、在宅が「最適」な場所、「望ましい」場所となるようお手伝いさせていただきますが、ご病状や療養環境によっては、在宅以外の場所のほうがご本人にとって「望ましい」場所となる場合があるのも事実です。
患者様やご家族にとってより「望ましい」療養スタイルをともに考えていければと思っております。

◇介護状態の母親と2人暮らしです。自宅で看るには仕事を辞めなくてはいけませんか?
「訪問診療」には毎回立ち会わなくてはいけませんか?
その必要はありません。認知症などによりご自身の症状や日々の生活状況を正確に表現することが難しい方の場合には、患者様の状況をご存知の方にお立会いいただくことは診療を行う上で大きなメリットになりますが、お仕事などでご家族が立ち会えない場合は、連絡ノートや電話連絡などを通じ情報を共有することでカバーすることが可能です。
ただし、緊急時の対応や病状説明を受けていただくなど、「ここぞ」という際にはご家族などに対応をお願いすることはあります。仕事や家事、育児など日常の様々なことに追われるご家族は少なくないので、私たちとしてもできるだけご家族のご負担を減らしていきたいと考えてはおりますが、必要に応じて適宜ご相談をさせていただければ幸いです。

◇親が終末期の状態と診断され退院することになったが、初めての介護なのですべてが不安だし怖い。どうすればいいのでしょうか?
がん・非がんにかかわらず、終末期の状態にある患者様の場合、最期をどこで迎えるか、どのタイミングで療養入院をするか、どこまでの治療を求めるかなど極めて難しい選択・決定が、患者様やご家族に迫られます。これは患者様やご家族にとって、心理的負担が非常に大きい決断の一つでもありますが、私たちは在宅療養の支援に関わる関連職種(ケアマネジャーや訪問看護師、ヘルパーなど)と緊密な連携を図り、皆様の在宅療養に関する不安やご負担の軽減に努める一方で、その時々の想いに耳を傾けつつ、「意思決定」に向けてのプロセスをチームでサポートしています。日常生活で抱く様々な気懸りや不安、疑問、想いなど、病気とは関係のない些細なことであっても是非お聴かせいただけると幸いです。

在宅療養生活を送るうえでの相談窓口は

在宅療養生活を送るうえで疑問や不安、気がかり等があれば、医師や同行の看護師までお気軽にご相談ください。当院の看護師は診療の補助業務のほか、療養生活全般の相談支援や最適なケア方法・手段の提案、情報共有・療養環境整備などのための多職種・多事業所間連携(連絡・調整)なども積極的に行っておりますので、みなさまにとって身近で相談しやすい存在になるかと思います。
また、みなさまからいただくご相談はお身体のことだけでなく、「将来への不安」などの心理的なことや「療養費」などの経済的なこと、「余生の過ごし方」などの人生に関わること等々、多岐に渡りますが、当院では全職員(医師・看護師・管理栄養士・医療事務・医療福祉相談員)が参加する朝のカンファレンスなどの場を通じ、患者様やご家族が抱える苦しみや気がかりを緩和・解消できる方法・手段をみなで模索しており、ご相談の内容によっては、管理栄養士や医療事務なども相談支援や調整業務などに携わっております。


大髙在宅ケアクリニック
〒124-0023 東京都葛飾区東新小岩8-8-11
TEL: 03-5672-1770(代)
FAX: 03-3695-7897

PAGETOP
Copyright © 医療法人社団 明正会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.