お知らせ

2017.3.17
平成29年度 第1回 『城東地域連携セミナー』のお知らせ (平成29年4月20日開催)

平成29年度 第1回 『城東地域連携セミナー』のお知らせ

講 師  山口 晴保 先生(認知症介護研究・研修東京センター センター長)

認知症のポジティブケア~多くのBPSDは良くなる

認知症の行動・心理症状(BPSD)は有名な言葉となりましたが、実はよく知られていません。たとえばせん妄はBPSDでしょうか? 答えはNoですが、認知症の人にはせん妄がしばしば併発し、BPSDが悪化します。‥‥‥変ですね。では、レビー小体型認知症の幻視はBPSDでしょうか? 幻視はBPSDに含まれますが、レビー小体型認知症の中核症状です。では、異食はBPSDですか? 何でも手当たり次第に口に入れるのであれば中核症状です。こんな質問に答えます。同時に、BPSDを元から絶つケアの秘訣を伝授します。

コーディネーター
安池 純士 先生(医療法人社団 明正会 理事 / 明正会錦糸町クリニック 院長)

日時
平成29年4月20日(金) 19:00~20:30

場所  
ティアラこうとう (B1F 小ホール)
江東区住吉2-28-36(東京メトロ半蔵門線「住吉」駅より徒歩4分)

参加費  
無料

定員  
100名

申し込み  
申し込み用紙プリントアウトしていただき、ご記入の上、FAXで送信ください。FAX 03-5637-7186
申し込み用紙はこちらからダウンロードしてください。
なお、当日は別途交流会(会場付近・会費3,000円前後)を実施する予定です。参加ご希望の方は合わせてご記入ください。
締め切り  
平成29年4月13日(木) ※人数が多い場合は先着順

問い合せ  
TEL 03-5637-7185 / FAX 03-5637-7186
担当:医療法人社団明正会 地域連携支援課

>>お知らせ一覧へ戻る

ページの先頭へ