月別アーカイブ: 2018年5月

和菓子職人さん\(^o^)/

こんにちは(^o^)丿ショートステイ町屋の遠藤です(*^_^*)
気温の変化が激しいですが、皆様風邪などひいていませんか?

さて、今回は元和菓子職人の利用者様がいらっしゃいましたので
和菓子作りをしようという事になり、わらび餅を作りました(*^-^*)
作りました!と言うより、作って頂きました⤴が正解ですかね(笑)
私たちは、O様に言われた通りに物を出したりするだけでした(;^ω^)

20180529-1
20180529-2
さすが職人さん!!
分量とかもはからず、目分量Σ(・ω・ノ)ノ!
作っていると、皆さんも見入ってしまいます。

20180529-3
20180529-4
あっという間に、完成です(*^▽^*)
私たちは手を出すことなく、O様に作って頂いちゃいました(´艸`*)

20180529-5 20180529-6 20180529-7 20180529-8
皆さん、「美味しいね(^-^)」と喜んでくれました(*^▽^*)

おまけ…お片付けまでしてくれる、素敵な職人さん(´艸`*)

20180529-9
ありがとうございました(*´ω`*)

ショートステイ町屋について詳しくはこちら


母の日

こんにちは、ショートステイ町屋の桜井です(^O^)/
5月13日は母の日なので、カーネーションを使って
フラワーアレンジメントを行いました。

20180528-1
20180528-2
カーネーションをレイアウトしていきます。

20180518-3
20180529-1
カスミ草もさしていきます。

20180529-2
20180529-3

母の日のカードをさして完成です。

20180529-4 20180529-5 20180529-7 20180529-8 20180529-9 20180529-10 20180529-11 20180529-12
皆さん素敵ですね(*^-^*)

ショートステイ町屋について詳しくはこちら


こいのぼりの壁飾り

こんにちは、ショートステイ町屋の桜井です(^O^)/
5月5日は端午の節句ですね。
こいのぼりの壁飾りを、皆さんと一緒に折り紙を使って作ってみました(^-^)

20180525-1
水色の画用紙を手でちぎり、空を作ります。

20180525-2
20180525-3
20180525-4
切った色画用紙の裏に、のりを付けて厚紙に貼ります。

20180525-5
こいのぼりも貼ります。

20180525-6
20180525-7
5月のお花の菖蒲も貼ったら完成です。

20180525-8
20180525-9
20180525-10
20180525-11
20180525-12
皆さん素敵な壁飾りが完成しました(*^-^*)

ショートステイ町屋について詳しくはこちら






「とろみ」をおいしく。

こんにちは、管理栄養士の矢治です。
今回は「とろみ」についてのお話です。


飲み込む力が弱くなる(反射が遅くなる)と、
水やお茶などを飲む際にむせ込みやすくなります。

これは、水やお茶などのようにサラサラした液体状のものは
喉を通るスピードが速いために、

その方のもっている“飲み込む力(反射のスピード)”
が追いつかないことによって引き起こされています。

このような際の対応の一つに「とろみ」を付けるという方法があり、
容易に安定した粘度の「とろみ」を付ける方法として

「とろみ調整食品」

( ※ 以下、とろみ剤 )の使用があげられます。


しかし、このとろみ剤に対して良い印象を持った方に
私自身、あまり出会ったことがないように感じています。

その原因の一つに、
その方に合った“適切な粘度”に調整されていなかった・・・
ということが考えられるのではないでしょうか。

「とろみ」は、ただ付けるだけでいいのではなく、

どの程度付けるのか

ということも、とても大切になります。

「日本摂食・嚥下リハビリテーション学会嚥下調整食分類 2013」では
とろみの粘度を3段階に分けて示されています。

この3段階のとろみの粘度が分かりやすく示されているのがこちらの図、
㈱宮源さまからブログでの引用をご快諾いただけましたので
掲載させていただきました!

※ 「困ったときにひらく本 嚥下食Q&A 嚥下調整食のレシピ」冊子
(詳細をご覧になりたい方は ㈱宮源さまのホームページをご覧ください)

20180515-1

このように比較すると、
「とろみ」の粘度にも段階が色々あることがよく分かります。

どのくらいの粘度が適切であるのか、
「とろみ」を付ける際には、専門の医師や歯科医師、
言語聴覚士や管理栄養士などにご相談いただくことをお勧めいたします。


では最後に、今回のブログのタイトルでもある、

「とろみ」をおいしく。

に掛けまして、炭酸飲料へのとろみ剤の付け方をご紹介いたします。

通常、とろみ剤を加える際、ダマができないようよくかき混ぜるのが
一般的かと思いますが、炭酸飲料の場合、よくかき混ぜてしまうと
炭酸が抜けておいしくないですよね・・・

このような場合には
まず、炭酸飲料少量に「とろみ」を濃いめに付け、

20180515-2
残った炭酸飲料を少量ずつ、やさしくかき混ぜなから注ぎ入れることで、
炭酸飲料独特のシュワシュワを残すことができます。

※ 「とろみ」の粘度は、その方に適切な段階に調整してください

20180515-3
そして、この「とろみ」付き炭酸飲料は
当院のスタッフにも、とても好評の一品です!

やはり、提案する人も

「おいしい!」

と感じてお伝えできることが何よりも大切ではないかと思います。


たかが「とろみ」
されど「とろみ」

今回は「とろみ」のお話でした。

栄養指導のご案内